5分間首まで浸かる

済陽先生のおっしゃる通り、

代謝を上げるために入浴時には首まで浸かるようにしている。

私は小さい頃から体温が上昇すると

心拍数が上がり顔が申のお尻のように顔が真っ赤になる。

小学校のマラソン大会の時などがそうだった。

それに、ただ気温が高くなるだけでも同じようなことになる。

いづれも体温が上がり心拍数が増えると必ず顔が真っ赤になる。

今日も5分間首まで浸かったのだが、顔が真っ赤になった。

お湯の温度は38度~40度のぬるめのお湯なのに。

そして、お酒をおちょこ一杯だけでも顔が真っ赤になる。

真っ赤になる人は肝臓が弱いと聞いたことがあるのだが、どうなんだろうか? 

調べてみると、アルコール摂取して顔が赤くなるのは、

アルコール肝臓で分解される際に作られる副産物のアセトアルデヒドが原因で、

アセトアルデヒド分解酵素を多くもつ体質の

速やかにアセトアルデヒドが分解されますが、

酵素が少ないは分解されず血液中をまわります。

その結果、血管が拡張されて顔が赤くなるらしい。

酵素があるか、ないかの差なのか。

それから、どうやら、

平素より血管の緊張度が弱く、体内に熱を保持しにくい方

そのため体内に冷えを持つ方

らしい。

そういえば、もう、かれこれ20年以上前に気が付いたことだが

体温は、35度2分とか、低体温だ。

そして、このような方はもともとゆったりとした生活を好む傾向があります。

どちらかと言えば朝が弱く、夕方から夜にかけてエンジンがかかり始める方。

夜はいつまでも起きていられるという方もいます。

血管の緊張度が弱いために、

起きた時の体の「立ち上がり」が弱いというイメージです。

そのため朝が弱く人よりもエンジンがかかるまでに時間がかかります。

しかし一旦エンジンがかかり始めると、

そのブレーキをかけるまでにも時間がかかります。

すなわち血管活動の緊張と弛緩との切り替えが「緩慢」で、

外の状況に合わせて機敏に対応しにくいという印象があります。

私は、小さいときから、人よりも3テンポほど動作が遅かったのは、

こういう血管の働きによるものだったのだろうかな?

きっと、そうなのかもしれないなと思った。

とり掛かるまでに、かなりの時間がかかり、

とり掛かってしまうと、止まらなくなってしまうのだ。

だからなのか、祖母からは

頻繁に、こって牛と呼ばれていたほどだ。?

あるサイトで、こって牛を調べたところ。。。

今、はっきりと、祖母の心中が解った気がする。

こって牛ってよく祖母から言われました。ようするに牛は一度動きたくないと意思表示すると、どんなに手綱を引こうと、びくとも動いてくれないという意味から、思い通りにならないほどの、頑固者、意思の強さを意味していると思われます。

なるほど、祖母から、こって牛と言われる時は、祖母のいうことを聞かない時だった。

う~ん。。。なるほど~ ようするに、怠惰なのか?

こんなことがあった。昔は竈で煮炊していたのだが、大晦日に祖母が竈のあたりにお餅と、ろうそくを灯していたのだが、そのろうそくの火がガスの配管に触れて、ガラス戸ごしに、ゆらゆらとそのろうそくの灯がガラス戸越しに大きくなっていく。配管がろうそくの炎で溶けていっていたのだ。え~?おかしいなと思って数分経って母に言ったら、母は慌てて消火器を出したのだが、その時に、妹はいち早く外へ飛び出したそうだ。後数分遅れていたら家が爆発していたらしい。が、しかし、私は、ゆったりと、その状況を眺めていた。このあいだ、その妹から姉ちゃんは肝が太いなと言われた。う~ん。。。ただの鈍感なのかもしれないが。。。昔から腰は重たかったのかもしれない。それは。その血管の緊張度が弱いというところからきているのかどうかだが。。。?

祖母の言いたかったことが解ってほんとうによかった。。。

これからも、体温を上げるために

首までお湯に浸かろう。。。

赤くなる顔・・・つまり血管活動の「緩慢」さが火照りを作る

もともと刺激に対して緩慢で、俊敏に対応することができないからこそ、人よりも頑張って対応しなければならない。だからこそ刺激を受けると自律神経のふり幅が大きくなって安定せず、その影響をいつまでも体に残してしまう(つまり過敏になる)

それを悪化させないようにするには、睡眠不足はいけないらしい。

それから、ストレスもいけないらしい。

睡眠不足は必ずといって良いほど皮膚症状を悪化させる原因になる。

これからは、睡眠時間はたっぷりととることにしよう。

間もなく57歳

もう半世紀以上も生きているなんて、人生は長いようであっという間だな。母親が今年81歳になるからな。。。。早いものだ。

やっぱ、歳をとると体力がなくなるようで、体がきつい。若い頃はマージャンなど夜中の2時くらいまでしたことがあっても、翌日はそんなにきつくはなかったんだけどな。。。もう、23時過ぎは居眠りになっていることが多い。夜中1時まで起きていたとしても翌朝はやっと7時過ぎにしか目が覚めない状態になった。あともう、3年もすれば還暦60歳になるからな。。。当たり前だろうな~。。。この体のきつさは。。。

現代では、美容サプリメントや化粧品の進化によって、見た目が若いお年寄りも多くなっているけれど、やはり、歳には勝てない状態ではないだろうかな?

済陽先生の本に書かれているように、7時間の睡眠をとることで脂肪が燃焼するし、体にも良いということらしい。入浴では38度~40度の湯船に首まで5分間は浸かることで体温が上がり基礎代謝も上がるらしいので脂肪を燃焼させられるらしい。そういう、の~んびりとしたことをしながら少しづつ老いていく。。。人間は動物の中でも長寿なので、読書したり、映画見たりして時間を潰しながら日々の暮らしを全うしたいものだな。あっ、ダイエットもしなけりゃならないな。。。

毎日の睡眠時間を7時間に

昨夜遅くまで済陽先生の本を読み、夕食後、2時間あけて就寝すると、痩せ癖がつくと書いてあった。小腸の機能が高まり、食事で摂った栄養は十分に吸収されるらしい。夕食は7時前後なので、その2時間後というと、9時前後に就寝することになる。なんか、ちょっと早いな~。。。10時に就寝して7時間後といえば5時ということになる。ということは夜11時に就寝すれば朝6時起床になる。それから朝食を摂るタイミングは起きて1時間以内が最適らしい。すると朝食は朝7時頃になるので、時間的には良いサイクルかもしれない。就寝中は体を作りなおす時間帯。日中にダメージを受けた細胞が修復・再生する。吸収された栄養が、その材料になるらしい。そして、睡眠中は成長ホルモンの作用で脂肪が燃えるらしい。

早めの就寝、就寝時間を7時間にすれば健康的で長生きすると書かれている。

人間はどんなに文明は発達したところで、自然とともに生きているわけだから、日が暮れたら寝て、日が昇ったら起きるという自然のサイクルに逆らわずに暮らせば、それが健康に繋がるということだろうかな?

それから、私は、低体温で、だいたい通常、35.2くらいしかない。低体温とは35.9以下をいうらしい。そういうことで私はかなりの低体温ということになる。それで、低体温の人はビタミンB群の食材を摂るといいらしい。それから入浴時に39度~40度の湯に5分間首まで浸かると、首の奥に扁桃というリンパ球などの免疫器官がある。ウイルスや細菌の抗体をつくって、全身に送り出す。喉を温めれば血流が活発になり、不要なものを汗や尿、便で排出しやすくなるよう体の循環をよくする。免疫細胞のリンパ球が血液にのって全身をスムーズにめぐるので、免疫力が高まるらしい。体温が上がれば免疫力も上がるし代謝も上がり痩せる体になるということだな。♪ よ~し。。。これからもダイエットのために頑張るぞ~♪

免疫力を高める食材

玄米・にんにく・昆布・蜂蜜・レモン・肉・卵・鮭・納豆 などがあげられる。

ダイエット

体重増加は更年期のせいもあるけど、代謝のせいもあるらしい。

何もしなくても体内でエネルギーを使ってくれる基礎代謝は、心臓、肝臓、脳、筋肉、腎臓、の順番で多く使われるらしい。そして、それはエネルギーの70%らしい。う~ん。。。そんなにたくさんのエネルギーを使ってくれるのなら、肥満になることはないような気がするが、小学生の時のように太り盛りではないので、あまりたくさんの量を摂ってしまうと、その分が脂肪となって体内に蓄積されて、気が付いた時には、私のように、えっ?体重が、12キロも?と、そういうことになるらしい。

これから、毎日、こつこつと、書こうと思う。