7月31日~椎茸

今日の夕ご飯は、鳥もも肉の塩焼き・キャベツときゅうりとトマトのサラダ、レモン果汁ドレッシング・小松菜と椎茸とみょうがとナスの味噌炒め、ご飯。

今日もまたレモンドレッシングをサラダにかけた。とても爽やかだ。

それから味噌炒めの椎茸は低エネルギーで食物繊維が豊富だ。それに骨粗鬆症や動脈硬化の予防効果もある。椎茸を天日干しにすると紫外線によってビタミンDが多量に作られる。ビタミンDは骨のカルシウムの腸管吸収を高めて、血中のカルシウムを骨に運びこんで骨を丈夫にするらしので、今度椎茸を天日干しにしてみようと思う。それに、みようがを加えることで味噌炒めが爽やかに感じた。なかなかいいな。♪

椎茸の効能~腸内環境を整える。血液をサラサラにする。免疫力を高める。血圧安定。

それから、特に、生サラダを大量に摂るようにした。キャベツは血液サラサラ効果があり、胃腸を強くしてくれて、老化もガンも防いでくれる優れ野菜だ。

肥満も病気と捉えて、集中的にダイエットしている今日この頃。

そこで、今日は、朝食と昼食も載せようと思う。

まずは、朝食だ。

朝にフルーツを摂るようにということなので、ブドウとキウイ。その20分後に、キャベツと玉ねぎとチリメンジャコのサラダ。レモン果汁のドレッシング。それにスクランブルエッグと納豆にオリーブオイルをかけて、それにご飯。30回噛むようにして20分かけて摂る。ジャコは良質の脂肪分としてDHAやEPAを持っている。それにビタミンDも多く含んでいるので毎日ひとつまみのジャコを摂るといいそうだ。

それから、昼食は、キャベツと玉ねぎと竹輪とトマトのサラダ。焼き海苔・ご飯。30回噛んで20分間掛けて摂る。昼食に焼き海苔を摂ったのだが海苔は朝食に摂るほうがいいらしい。

海苔の効能として、骨を丈夫にするカルシウムと、貧血予防の鉄も多い。葉酸が大腸がんを防ぐ。青魚に豊富なEPA、肝機能を高めるタウリンを含んでいる。

今年の夏は、かなり涼しいように感じる。ほぼ毎日ほどよく風も吹いているようで、エアコンは冷房ではなくて湿気取りにしているが、せいぜい室温は30度だ。窓辺に熱気があるので扇風機を回している。扇風機の風は部屋の中を駆け巡りほどよく顔や体に感じる程度にしている。直接扇風機の風が顔や体に当たると咳が出るので、小さなことの気遣いで快適になるものだな。室温30度だとほどよく汗も出て体が冷えることはなく健康的だな。

それから更年期になってから首から上に汗をかくようになった。若い頃は頭から汗が出ることはなかったが更年期後は頭から汗が出るようになった。日本人女性は外国人に比べたら大豆製品をよく摂るので更年期の症状が比較的軽いらしい。更年期中はホットフラッシュが頻繁にあったが今ではその症状もなくほぼ快適な状態だ。これも大豆製品様様なのかもしれないな。♪

そして、30品目をバランスよく摂るということで

30品目は週に2~3回を摂ることとして7月26日からカウントしている。

1週目~7月26日~8月1日

8回~白米

0回~玄米

1回~豚肉・牛肉

1回~鳥肉

1回~鮭  1回~カラスカレイ

2回~青魚(サバ)

0回~牡蠣

3回~大根

0回~にんにく

6回~トマト

0回~ブロッコリー

1回~にんじん

3回~キャベツ

6回~玉ねぎ

0回~ごま

2回~りんご

3回~レモン

1回~ぶどう

4回~納豆(朝食)

2回~大豆(豆腐)

1回~椎茸

1回~ジャガイモ

0回~昆布   3回~わかめ

4回~鶏卵  (朝食)

2回~ヨーグルト

2回~オリーブ油

1回~ゴマ油

0回~緑茶

0回~蜂蜜

こうして、上記の一覧表を見ると今日で6日目だけど、まだ使っていない食材がかなりあるみたいだ。こうして回数を書き込むととても解りやすいなと思った。

よ~し、これからも頑張るぞ~♪

7月30日~豆腐

今日の夕ご飯は、豆腐サラダ(わかめ・レタス・きゅうり・玉ねぎ・トマト・レモン汁・オリーブ油・醤油・市販つゆ)カラスカレイの煮つけ・ショウガ・市販のぬか漬け(大根・人参)・ご飯。

豆腐は、高たんぱくで低カロリー、まさにダイエット向きだ。!

それに 昔から豆腐は の肉と言われ、大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た作用があり日本の女性の更年期障害は比較的軽く、骨粗鬆症による骨折が少ないらしい。

それに大豆イソフラボンは、抗酸化作用を持つイソフラボンの一種だそうだ。大豆たんぱくには総コレステロール値の低下作用があるほか、イソフラボンが血圧を下げたり血栓を防いだりもする。また大豆は、乳がん、前立腺ガン、大腸ガンの発生を防ぐことも最近の研究で明らかにされているらしい。

今日の豆腐サラダのドレッシングにレモン果汁を使った。ビタミンCやクエン酸が豊富で、クエン酸は、体内のカルシウムなどのミネラルを包み込む働きがあり、カルシウムの吸収がだんぜんよくなるらしい。

今日はカラスカレイの煮つけだったが、焼き魚にレモンひと絞りはカルシウムを効率よく吸収するので骨を丈夫にし、骨粗鬆症予防になる。

それに、ドレッシングにオリーブオイルを加えた。オリーブオイルはダイエットになるが、美容にもよいらしい。オリーブ油は体内で脂肪細胞が増加するのを抑制する働きもあるらしい。オリーブ油がいいとは聞いていたが、これほどダイエットに貢献するとは初耳だ。すばらしいな。

そして、30品目をバランスよく摂るということで

30品目は週に2~3回を摂ることとして7月26日からカウントしている。

1週目~7月26日~8月1日

5回~白米

0回~玄米

1回~豚肉・牛肉

0回~鳥肉

1回~鮭  1回~カラスカレイ

2回~青魚(サバ)

0回~牡蠣

3回~大根

0回~にんにく

4回~トマト

0回~ブロッコリー

1回~にんじん

0回~キャベツ

3回~玉ねぎ

0回~ごま

2回~りんご

0回~レモン

0回~ぶどう

3回~納豆(朝食)

2回~大豆(豆腐)

0回~椎茸

1回~ジャガイモ

0回~昆布   3回~わかめ

3回~鶏卵  (朝食)

2回~ヨーグルト

1回~オリーブ油

1回~ゴマ油

0回~緑茶

0回~蜂蜜

こうして、上記の一覧表を見ると今日で5日目だけど、まだ使っていない食材がかなりあるみたいだ。こうして回数を書き込むととても解りやすいなと思った。

よ~し、これからも頑張るぞ~♪

7月29日~鮭

今日の夕ご飯は、鮭の塩焼き、トマト、わかめと竹輪ときゅうりの酢のもの、

大根サラダ、刺身こんにゃく、酢みそ、ご飯

鮭~最強の若返り食材

鮭はアスタキサンチンの作用で赤身だが白身の魚で、究極のアンチエイジングフードと言われている。アスタキサンチンは、トマトのリコピンや人参のβーカロテンを超える抗酸化力を持つことから「鮭こそが最強の若がえり食材」と評価せれているらしい。

鮭のアンチエイジング効果を高めるには、野菜類と一緒にホイル焼にすること。鮭、ブロッコリー、トマト、オリーブ油、白ワイン、レモンスライス、これらをアルミにくるんでオーブントースターやフライパンで焼くことで栄養分をまるごと摂る事ができるらしい。

○大根には代謝を上げる効果がある。

○トマトには、美肌・美白(シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがある)老化を防ぐ・ガンを防ぐなどの効果がある。

30品目をバランスよく摂るということで

30品目は週に2~3回を摂ることとして7月26日からカウントしている。

1週目~7月26日~8月1日

4回~白米

0回~玄米

1回~豚肉・牛肉

0回~鳥肉

1回~鮭

2回~青魚(サバ)

0回~牡蠣

3回~大根

0回~にんにく

3回~トマト

0回~ブロッコリー

1回~にんじん

0回~キャベツ

2回~玉ねぎ

0回~ごま

2回~りんご

0回~ぶどう

3回~納豆(朝食)

1回~大豆(豆腐)

0回~椎茸

1回~ジャガイモ

0回~昆布   2回~わかめ

3回~鶏卵  (朝食)

2回~ヨーグルト

0回~オリーブ油

1回~ゴマ油

0回~緑茶

0回~蜂蜜

今日は、腹回りを計ってみたところ、このあいだまで100センチあったのが96センチになっていた。やはり2週間ほど前からご飯の量を1/3量に抑えたのも効果があったのだろう

それに、2週間ほど前までは、かなりの早食いだったけど、20分かけて食事を摂っている。まずは野菜から、それからたんぱく質、そしてご飯という順番で噛む回数も30回以上噛むことにしている。すると、早食いの時のようにお腹がずしっと張る事がなく以前よりも胃がもたれなくなったようだ。

早食いすれば血糖値が上がり、それが肥満になるので、これまでは太るべくして太っていたのだと痛感した。

それから、お腹回りは、身長の半分ということらしい。

私は身長152センチなので、お腹回りは76センチと言うことになる。

96センチ-76センチ=20センチ

あと20センチもだ。かなりあるな。

私のお腹にある脂肪は、内臓脂肪か、皮下脂肪か、どちらもエネルギー源になるらしいが、溜まった皮下脂肪は乳がん、子宮体がんの発症に大きくかかわるらしい。乳がんも子宮体ガンも、女性ホルモンの分泌量が多いと発症リスクが高まるらしい。女性ホルモンは皮下脂肪からも分泌されているらしいので、ダイエットすることで、まさしくガンにならない体を作ることになるのだなと思った。

腹回り、あと20センチ。

よ~し、これからも頑張るぞ~♪

7月28日~大根

今日の夕飯は、サバの塩焼き、大根おろし、レモン汁、ジャガイモと玉ねぎの煮つけ、

りんごとトマトのヨーグルト和え、豆腐とわかめとエノキダケの味噌汁、ご飯

焼き魚には大根おろし、とよくいわれるけど、焼き魚のコゲには発がん性があると言われていて、大根はそれを解毒するオキシターゼという酵素が豊富らしい。また大根の辛み成分のイソチオシアネートは強力な抗酸化物質として血栓防止やガン予防に有効に働くそうだ。

そして、焼き魚にレモン汁をかけるのはカルシウムを効率よく吸収してくれるから、骨粗しょう症の予防にもなり、抗酸化作用と動脈硬化も防いでくれる。

それからジャガイモのビタミンCはキウイやすだちとほぼ同等で、血管や皮膚、胃腸粘膜、骨を強化する働きがあり抗酸化作用を発揮して免疫力を高めることでガン予防に効果的な働きをする。食物繊維も豊富なので腸内のコレステロール排出を促進して腸内環境を整えてくれる。皮の近くにはクロロゲン酸という抗酸化物質も含まれているので皮ごと摂るのがよいらしい。

ジャガイモの効能は、代謝を上げる。高血圧を防ぐ。腸内環境を整える。糖尿病を防ぐ。免疫力を高める。視力回復。

じゃがいもにこんなにたくさんの長所があるとは思いもよらなかった。今日もまた新しい発見をしたな。♪

30品目をバランスよく摂るということで

30品目は週に2~3回を摂ることとして7月26日からカウントしている。

1週目~7月26日~8月1日

3回~白米

0回~玄米

1回~豚肉・牛肉

0回~鳥肉

0回~鮭

2回~青魚(サバ)

0回~牡蠣

1回~大根

0回~にんにく

2回~トマト

0回~ブロッコリー

1回~にんじん

0回~キャベツ

2回~玉ねぎ

0回~ごま

2回~りんご

0回~ぶどう

2回~納豆(朝食)

1回~大豆(豆腐)

0回~椎茸

1回~ジャガイモ

0回~昆布   1回~わかめ

0回~鶏卵

2回~ヨーグルト

0回~オリーブ油

1回~ゴマ油

0回~緑茶

0回~蜂蜜

よ~し、この調子で こつこつがんばるぞ~♪

7月27日~豚肉

今日の夕飯は、わかめとレタスの酢のものショウガ風 / もやしと豚シャブ /

玉ねぎのスライス(ごまドレッシング)/ りんごとトマトのヨーグルト和え

ご飯

豚肉には、糖質が体内でエネルギーに変わるのを助けるビタミンB1が豊富で、短時間で体外に排出されてしまう水溶性のビタミンB1は玉ねぎの辛味成分の硫化アリルと組み合わせると脂溶性に変化するので体内に長く留まることができるようになり、効果が長く持続する。玉ねぎのほか、ニンニクやニラ、ラッキョウもよいらしい。

豚肉と玉ねぎを摂ることでエネルギーになるということはダイエットになるということだ。

40代からは「年齢に応じた摂り方」をするべきで、それによって代謝のいい「若い体をつくる」こと。30品目の食材を週に2~3回摂るだけだと済陽高穂医師が仰っている。若い体を作ればおのずとダイエットになるという。

バランスよく摂るということだろう。

30品目は7月26日からカウントしている。

2回~白米

0回~玄米

1回~豚肉・牛肉

0回~鳥肉

0回~鮭

1回~青魚(サバ)

0回~牡蠣

0回~大根

0回~にんにく

1回~トマト

0回~ブロッコリー

1回~にんじん

0回~キャベツ

1回~玉ねぎ

0回~ごま

1回~りんご

0回~ぶどう

2回~納豆(朝食)

0回~大豆

0回~椎茸

0回~ジャガイモ

0回~昆布

0回~鶏卵

1回~ヨーグルト

0回~オリーブ油

1回~ゴマ油

0回~緑茶

0回~蜂蜜

1回~酢

主に上記の品目を重視して摂るということらしい。

よ~し、この調子で こつこつがんばるぞ~♪

7月26日~人参

まるごと「若がえり栄養素」~人参

昨日の 7月26日(金)は、人参と牛蒡のきんぴらを作った。

人参には大量のβ―カロテンが含まれていて免疫力アップや血液の巡りが良くなるらしい。

β―カロテンは、皮膚の新陳代謝を盛んにし、紫外線による肌の老化を防ぐ働きをしており、疲れ目の回復や視力低下、白内障の予防など、アンチエイジング全般に高い効果を発揮するらしい。また脳の認知機能を高めボケ防止の効果も注目されている。β―カロテンは油を使って調理すると吸収率が3~10倍も高まるとされており、人参の皮は牛蒡と一緒にきんぴらにすれば人参の栄養分を丸ごと摂れる優れもの!!

人参の効能としてあげられるものは

動脈硬化を防ぐ

ボケを防ぐ

癌を防ぐ

美肌効果

普段は調理の色どりや、この料理にはこの食材をということで何気なく調理に使っている人参に、こんな素晴らしい効能があろうとは感動ものだな。改めてこうして勉強した甲斐があるものだと痛感する。

人参の皮ではないが、人参の皮はとらずに 人参と牛蒡のきんぴら を作った。

7月26日 の夕飯

人参と牛蒡のきんぴら / サバのみりん干し / オキュートー(わさび)

冷ややっこ / ご飯

ダイエットの為、私はこれまでのご飯の量の 1/3の量に抑えている。

早食いをすれば血糖値が上がり太りやすくなるので、食事時間は良く噛んで20分以上掛けるようにした。そうすると、たとえご飯の量が1/ 3量であっても満腹感が得られてお腹も張らずにすむ。

妊娠8か月ほどの出っ張ったお腹が少しへっ込んだような気がする。ズボンに少々の緩みができてきた。

昨日の夕飯メニューはかなり健康的かな。

栄養も考えながらのダイエット、素晴らしいな~♪

7月25日~小松菜

私は2年前から少しづつ体重増加になり、現在は63キロになってしまってて、最近では糖質オフの料理でダイエットしている人が多いそうだけど、私は食品の栄養を最大限に引き出し体の中の錆をとり若々しい体を作りながらのダイエットを目指している。

そのために、はじめに に書いている本を用意している。あとはBMIまで計れる体重計を用意するだけだな。

それから、元々、お料理のデパートリーがないので、書店で、太らない!、血液サラサラ!になるお料理が600種類も載っている本も用意した。

よ~し、!

はじめに に書いた、済陽高穂先生の本に紹介されている、体内の錆をとり若々しい体になるための食べ合わせを見ながら、このお料理本と照らし合わせてお料理を作れば最強になるだろうな。

ちなみに、今日は、冷蔵庫の中に、小松菜がある。

先生のガンを消す食事の本に、小松菜のからし和えが載っている。

材料は小松菜とからしだけかと思ったら、高野豆腐を加えることでカロテンの吸収率が格段にアップするらしい。今日のところは高野豆腐の常備がないので、小松菜とからしだけで調理した。

β―カロテンは、皮膚の新陳代謝を盛んにし、紫外線による肌の老化を防ぐ働きをしており、疲れ目の回復や視力低下、白内障の予防など、アンチエイジング全般に高い効果を発揮するらしい。また脳の認知機能を高めボケ防止の効果も注目されている。β―カロテンは油を使って調理すると吸収率が3~10倍も高まるとされてお り、カロテンは β-カロテンのほうがα-カロテンよりも一般的らしく、黄色、橙色および緑葉の果物や野菜に見られ、それに橙色がより鮮やかな果物および野菜ほど、より多くのβ-カロテンが含まれている傾向にあるらしい。

小松菜のからし和え、初めて作った。

     ↓

小松菜はビタミンCも豊富なので骨粗鬆症の予防にもなるらしい。

よ~し、この調子で、これからも頑張るぞ~♪

寒天ダイエット

このあいだから寒天ダイエットをしているけど

お通じが2回の日もあり、効き目があるように思う。

寒天はノンカロリーなのでいくら摂っても太ることはない。

少し甘味を加えようとして砂糖を使えばカロリーが増えるけど

カロリーを増やさないようにするために

私はラカントSを使うようにしている。

値段は張るけどラカントSもカロリーが0で

「ラカント」は、古くから漢方として親しまれ

ウリ科の果実「羅漢果(ラカンカ)」で

高純度エキスと、トウモロコシなどの発酵から得られる天然の甘味成分「エリスリトール」から作られた、植物由来でカロリーゼロの自然派甘味料で砂糖と同じ甘さなので使いやすく、加熱しても甘味が変わらないので、煮炊きものをはじめ幅広いメニューに使え、かなりダイエット効果が発揮できるようだ。

しかし、ダイエットしようとするとお金が掛かるものだ。

私は棒寒天を使っているけど、二本入りで¥320円ほどだ。

1本で二日分として、2本だと4日分になり、

一月31日として、15、5本使うことになる。

そうすると、寒天代が一月2400円掛かることになる。

けど、2400円なら そう高くはないかな。。。♪

ラカントSは600グラムが2000円ほどだけど

ほんの少しだけ使うようにすれば一月一袋ほどかな。

そうすると、¥4400円ほどだから

これで一月1キロずつ痩せれば有難いことだな。

まだ、現在は63キロだけど、一月1キロずつ痩せられたら

ほんとうに有難いことだな。

よ~し、こつこつ頑張るぞ~。。。♪

白湯ダイエット

この間、書店にて、

病気にならない「白湯」健康法  著者~蓮村誠

と言う本があり、ダイエットになると書いてあったので

さっそく、実践してみた。

それは、早朝時と、三度の食事中に150ccの熱々の白湯を

すするというものだ。

日に4回白湯をそそることになる。

白湯は沸騰後に更に10分間沸騰させたものが最適だと書いてあった。

白湯といえども、かなり手間のかかるものだと思いながら

3日間ほど実践してみたところ、やはり、熱々の白湯なので

唇がヒリヒリして皮まで剥けてしまった。

皮が剥けてから、唇の皮が厚くなるのかもしれないが、

とりあえずは、白湯ダイエットはしていない。

しかし、白湯ダイエットで3か月後には3キロほど痩せると書いてあった。

それに、食事後の数分後に15分間ほど軽く散歩して、

そして帰宅後に、また白湯をすすると、

数か月後に10キロもダイエットできた方もいるらしい。

他にもダイエットだけではなくて、

あらゆる症状にもかなりの効果があるそうなので

この本は、かなりお勧めな本だと思う。

目にとまったものを少し抜粋してみると

白湯で、心が穏やかになる。

免疫力も自動的に高まる。

代謝力も自然にアップする。

それから酒は百薬の長と言われているけれど、

この本によればお酒は、

生命エネルギーを破壊する飲み物らしく、

アルコール度数に比例して心身への悪影響があり、

科学的に見ても、お酒は飲めば飲むほど

脳の神経細胞を破壊することがわかっているらしい。

どうしても飲みたいのなら

体に影響が少ない日中に飲むのがよいらしい。

それとか、人前で無駄に緊張しなくなるらしい。

それから、悩みも燃えてなくなるらしい。

くよくよすることもなくなり、

生命エネルギーも高まり、

いつまでも過去にこだわることがなくなり、

悪いことも、すぐに手放して、

さらなる幸福を求めて前へ進むことができるようになるらしい。

なんと、凄いことなんだろうか。!

やはり、人間には、水がいいのだろうなと思った。

その他にも、たくさんのことが書かれている

病気にならない「白湯」健康法は万人に向くと書かれているので

また、きっかけがあれば、白湯ダイエットしてみようかな。。。♪

—-/–/– –:–

あらまっ。。。

2年前までは

体重が52キロだったのに

この2年間ほどで徐々に体重増加!

今では63キロになってしまった。

自分でもびっくり仰天。

体重計が自宅にないので

いつも実家で体重を計っていたけど

これほど体重が増えるとは。。。

閉経したら腰回りに肉が付くと聞いていたけど

我ながら醜いなと思った。

これでは、いけないな。

このままでは、相撲取りのようになってしまう。

そこで、人生初のダイエットに挑戦することにした。

ご飯の量を これまでの量の1/3 の量に減らし、

それから、寒天をちょこちょこと摂ることにした。

これで少しずつでも体重が減れば御の字だな。

このブログには、ダイエットのことや

日々の暮らし全般のことを書こうと思う。♪