8月7日

昨日の、8月6日の夕ご飯は、サバ缶とホールトマトとニンジンとキャベツと玉ねぎと椎茸の煮もの、スープの素・玉ねぎサラダ・ご飯。

サバ缶は、青魚なので、不飽和脂肪酸のEPAやDHAが豊富で、血液サラサラにして心筋梗塞 や脳梗塞などを防ぎ、ガンの発症も防ぐ働きがある。

青魚は生ではなくても缶詰でも市販されてるので活用すべきだなと思った。それから、玉ねぎも血液サラサラ効果がある。

ご飯は、糖質だから太ると言って極端に減らしてはいけないそうだ。糖質は基本的なエネルギー源なので、糖が不足すると体は脂肪から糖の代わりになるエネルギー源をつくる。そして極端に糖質を制限すると筋肉をつくるタンパク質からもエネルギーを作ろうとするので、そうなると筋肉量が減って代謝が低下してしまうそうだ。代謝が低下すれば痩せないということになるんだろうな。

なので、極端に糖質を減らせばダイエットにならないということで、食事を摂るにもバランスというものがあるんだなと思った。

体のメカニズムというものは複雑なんだなとつくづく思った。

そして、

「太らない体をつくる習慣として」

1~朝8時までに朝日を浴びること

2~1日の歩行40分程度に、大股早足をトータルで10分。それに、1分間の片足立ちは、50分のウォーキングと同じ負荷が太ももにかかるので筋トレになるそうだ。

3~入浴時に5分間、首までつかる。喉を温めることで免疫細胞のリンパ球が血流にのって全身をスムーズにめぐるので免疫力が高まる。

4~夕食後2時間あけてから床に就く

上記の、昨日、出来たことは、1番と2番 だ。

30品目は週に2~3回を摂ることとして8月2日~8月8日のカウントしている。

1週目~8月2日(金)~8月8日(木)

7回~白米

0回~玄米

2回~豚肉・牛肉

0回~鳥肉

0回~鮭  0回~カラスカレイ

1回~青魚(サバ) 2回~ししゃも

0回~牡蠣

2回~大根

1回~にんにく

2回~トマト

0回~ブロッコリー

2回~にんじん

4回~キャベツ

5回~玉ねぎ

0回~ごま

0回~りんご

0回~レモン

3回~ぶどう

4回~納豆(朝食)

0回~大豆(豆腐)

2回~椎茸

0回~ジャガイモ

0回~昆布   0回~わかめ

4回~鶏卵  (朝食)

1回~ヨーグルト

4回~オリーブ油

0回~ゴマ油

0~緑茶

0~蜂蜜

よし、とにかく、63キロを52キロにするために

バランスよく摂るようにして、これからも頑張るぞ~♪

7月30日~豆腐

今日の夕ご飯は、豆腐サラダ(わかめ・レタス・きゅうり・玉ねぎ・トマト・レモン汁・オリーブ油・醤油・市販つゆ)カラスカレイの煮つけ・ショウガ・市販のぬか漬け(大根・人参)・ご飯。

豆腐は、高たんぱくで低カロリー、まさにダイエット向きだ。!

それに 昔から豆腐は の肉と言われ、大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た作用があり日本の女性の更年期障害は比較的軽く、骨粗鬆症による骨折が少ないらしい。

それに大豆イソフラボンは、抗酸化作用を持つイソフラボンの一種だそうだ。大豆たんぱくには総コレステロール値の低下作用があるほか、イソフラボンが血圧を下げたり血栓を防いだりもする。また大豆は、乳がん、前立腺ガン、大腸ガンの発生を防ぐことも最近の研究で明らかにされているらしい。

今日の豆腐サラダのドレッシングにレモン果汁を使った。ビタミンCやクエン酸が豊富で、クエン酸は、体内のカルシウムなどのミネラルを包み込む働きがあり、カルシウムの吸収がだんぜんよくなるらしい。

今日はカラスカレイの煮つけだったが、焼き魚にレモンひと絞りはカルシウムを効率よく吸収するので骨を丈夫にし、骨粗鬆症予防になる。

それに、ドレッシングにオリーブオイルを加えた。オリーブオイルはダイエットになるが、美容にもよいらしい。オリーブ油は体内で脂肪細胞が増加するのを抑制する働きもあるらしい。オリーブ油がいいとは聞いていたが、これほどダイエットに貢献するとは初耳だ。すばらしいな。

そして、30品目をバランスよく摂るということで

30品目は週に2~3回を摂ることとして7月26日からカウントしている。

1週目~7月26日~8月1日

5回~白米

0回~玄米

1回~豚肉・牛肉

0回~鳥肉

1回~鮭  1回~カラスカレイ

2回~青魚(サバ)

0回~牡蠣

3回~大根

0回~にんにく

4回~トマト

0回~ブロッコリー

1回~にんじん

0回~キャベツ

3回~玉ねぎ

0回~ごま

2回~りんご

0回~レモン

0回~ぶどう

3回~納豆(朝食)

2回~大豆(豆腐)

0回~椎茸

1回~ジャガイモ

0回~昆布   3回~わかめ

3回~鶏卵  (朝食)

2回~ヨーグルト

1回~オリーブ油

1回~ゴマ油

0回~緑茶

0回~蜂蜜

こうして、上記の一覧表を見ると今日で5日目だけど、まだ使っていない食材がかなりあるみたいだ。こうして回数を書き込むととても解りやすいなと思った。

よ~し、これからも頑張るぞ~♪

7月29日~鮭

今日の夕ご飯は、鮭の塩焼き、トマト、わかめと竹輪ときゅうりの酢のもの、

大根サラダ、刺身こんにゃく、酢みそ、ご飯

鮭~最強の若返り食材

鮭はアスタキサンチンの作用で赤身だが白身の魚で、究極のアンチエイジングフードと言われている。アスタキサンチンは、トマトのリコピンや人参のβーカロテンを超える抗酸化力を持つことから「鮭こそが最強の若がえり食材」と評価せれているらしい。

鮭のアンチエイジング効果を高めるには、野菜類と一緒にホイル焼にすること。鮭、ブロッコリー、トマト、オリーブ油、白ワイン、レモンスライス、これらをアルミにくるんでオーブントースターやフライパンで焼くことで栄養分をまるごと摂る事ができるらしい。

○大根には代謝を上げる効果がある。

○トマトには、美肌・美白(シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがある)老化を防ぐ・ガンを防ぐなどの効果がある。

30品目をバランスよく摂るということで

30品目は週に2~3回を摂ることとして7月26日からカウントしている。

1週目~7月26日~8月1日

4回~白米

0回~玄米

1回~豚肉・牛肉

0回~鳥肉

1回~鮭

2回~青魚(サバ)

0回~牡蠣

3回~大根

0回~にんにく

3回~トマト

0回~ブロッコリー

1回~にんじん

0回~キャベツ

2回~玉ねぎ

0回~ごま

2回~りんご

0回~ぶどう

3回~納豆(朝食)

1回~大豆(豆腐)

0回~椎茸

1回~ジャガイモ

0回~昆布   2回~わかめ

3回~鶏卵  (朝食)

2回~ヨーグルト

0回~オリーブ油

1回~ゴマ油

0回~緑茶

0回~蜂蜜

今日は、腹回りを計ってみたところ、このあいだまで100センチあったのが96センチになっていた。やはり2週間ほど前からご飯の量を1/3量に抑えたのも効果があったのだろう

それに、2週間ほど前までは、かなりの早食いだったけど、20分かけて食事を摂っている。まずは野菜から、それからたんぱく質、そしてご飯という順番で噛む回数も30回以上噛むことにしている。すると、早食いの時のようにお腹がずしっと張る事がなく以前よりも胃がもたれなくなったようだ。

早食いすれば血糖値が上がり、それが肥満になるので、これまでは太るべくして太っていたのだと痛感した。

それから、お腹回りは、身長の半分ということらしい。

私は身長152センチなので、お腹回りは76センチと言うことになる。

96センチ-76センチ=20センチ

あと20センチもだ。かなりあるな。

私のお腹にある脂肪は、内臓脂肪か、皮下脂肪か、どちらもエネルギー源になるらしいが、溜まった皮下脂肪は乳がん、子宮体がんの発症に大きくかかわるらしい。乳がんも子宮体ガンも、女性ホルモンの分泌量が多いと発症リスクが高まるらしい。女性ホルモンは皮下脂肪からも分泌されているらしいので、ダイエットすることで、まさしくガンにならない体を作ることになるのだなと思った。

腹回り、あと20センチ。

よ~し、これからも頑張るぞ~♪

7月28日~大根

今日の夕飯は、サバの塩焼き、大根おろし、レモン汁、ジャガイモと玉ねぎの煮つけ、

りんごとトマトのヨーグルト和え、豆腐とわかめとエノキダケの味噌汁、ご飯

焼き魚には大根おろし、とよくいわれるけど、焼き魚のコゲには発がん性があると言われていて、大根はそれを解毒するオキシターゼという酵素が豊富らしい。また大根の辛み成分のイソチオシアネートは強力な抗酸化物質として血栓防止やガン予防に有効に働くそうだ。

そして、焼き魚にレモン汁をかけるのはカルシウムを効率よく吸収してくれるから、骨粗しょう症の予防にもなり、抗酸化作用と動脈硬化も防いでくれる。

それからジャガイモのビタミンCはキウイやすだちとほぼ同等で、血管や皮膚、胃腸粘膜、骨を強化する働きがあり抗酸化作用を発揮して免疫力を高めることでガン予防に効果的な働きをする。食物繊維も豊富なので腸内のコレステロール排出を促進して腸内環境を整えてくれる。皮の近くにはクロロゲン酸という抗酸化物質も含まれているので皮ごと摂るのがよいらしい。

ジャガイモの効能は、代謝を上げる。高血圧を防ぐ。腸内環境を整える。糖尿病を防ぐ。免疫力を高める。視力回復。

じゃがいもにこんなにたくさんの長所があるとは思いもよらなかった。今日もまた新しい発見をしたな。♪

30品目をバランスよく摂るということで

30品目は週に2~3回を摂ることとして7月26日からカウントしている。

1週目~7月26日~8月1日

3回~白米

0回~玄米

1回~豚肉・牛肉

0回~鳥肉

0回~鮭

2回~青魚(サバ)

0回~牡蠣

1回~大根

0回~にんにく

2回~トマト

0回~ブロッコリー

1回~にんじん

0回~キャベツ

2回~玉ねぎ

0回~ごま

2回~りんご

0回~ぶどう

2回~納豆(朝食)

1回~大豆(豆腐)

0回~椎茸

1回~ジャガイモ

0回~昆布   1回~わかめ

0回~鶏卵

2回~ヨーグルト

0回~オリーブ油

1回~ゴマ油

0回~緑茶

0回~蜂蜜

よ~し、この調子で こつこつがんばるぞ~♪

7月25日~小松菜

私は2年前から少しづつ体重増加になり、現在は63キロになってしまってて、最近では糖質オフの料理でダイエットしている人が多いそうだけど、私は食品の栄養を最大限に引き出し体の中の錆をとり若々しい体を作りながらのダイエットを目指している。

そのために、はじめに に書いている本を用意している。あとはBMIまで計れる体重計を用意するだけだな。

それから、元々、お料理のデパートリーがないので、書店で、太らない!、血液サラサラ!になるお料理が600種類も載っている本も用意した。

よ~し、!

はじめに に書いた、済陽高穂先生の本に紹介されている、体内の錆をとり若々しい体になるための食べ合わせを見ながら、このお料理本と照らし合わせてお料理を作れば最強になるだろうな。

ちなみに、今日は、冷蔵庫の中に、小松菜がある。

先生のガンを消す食事の本に、小松菜のからし和えが載っている。

材料は小松菜とからしだけかと思ったら、高野豆腐を加えることでカロテンの吸収率が格段にアップするらしい。今日のところは高野豆腐の常備がないので、小松菜とからしだけで調理した。

β―カロテンは、皮膚の新陳代謝を盛んにし、紫外線による肌の老化を防ぐ働きをしており、疲れ目の回復や視力低下、白内障の予防など、アンチエイジング全般に高い効果を発揮するらしい。また脳の認知機能を高めボケ防止の効果も注目されている。β―カロテンは油を使って調理すると吸収率が3~10倍も高まるとされてお り、カロテンは β-カロテンのほうがα-カロテンよりも一般的らしく、黄色、橙色および緑葉の果物や野菜に見られ、それに橙色がより鮮やかな果物および野菜ほど、より多くのβ-カロテンが含まれている傾向にあるらしい。

小松菜のからし和え、初めて作った。

     ↓

小松菜はビタミンCも豊富なので骨粗鬆症の予防にもなるらしい。

よ~し、この調子で、これからも頑張るぞ~♪