老けない食事の摂り方

私は体の中を若がえらせながらのダイエットをしている。

30代まではまだまだ体が成長している段階なので、ご飯などの炭水化物、糖質をたくさん摂っても弊害はないけれど、40代は成熟期なので糖質中心の食事をしていると、代謝の低下(食事で摂った栄養を十分に活用できなくなる)。中年太りとよく言われる~お腹回りに脂肪が付いてしまう。これらは代謝低下が招いた「老化現象」だ。そのままにしておけば体内がどんどん錆つき糖尿病・心疾患・脳卒中などの病気にかかってしまので、40代からは「年齢に応じた食べ方」をするべきで、それによって代謝のいい「若い体をつくる」こと。30品目の食材を週に2~3回食べるだけだと済陽高穂医師が仰っている。

体の中を若返らせるということは体の中の錆つきを取ることだ。40代から年齢に応じた食べ方だと言われているのに私はすでに50代半ばだ。これはかなり重く捉えて年齢に応じた食べ方を日々していかなければならないなと痛感した。

済陽高穂医師のすすめる30品目~これらの食材を核とする

白米・玄米

牛・豚・鳥

鮭・青魚・牡蠣

大根・にんにく・トマト・ブロッコリー・人参・キャベツ・玉ねぎ

ゴマ

りんご・レモン・ぶどう

納豆・大豆

椎茸

じゃがいも

昆布

鶏卵

ヨーグルト

オリーブ油・ゴマ油

緑茶

蜂蜜

若くなる食事の摂り方

○一日3食をできるだけ同じ時間に摂る

○1週間に30品目をバランスよく摂る

○食べる順番として~野菜を先に摂るようにする。一度の食事に最低20分かける。

○噛む回数を多くする。