毎日の睡眠時間を7時間に

昨夜遅くまで済陽先生の本を読み、夕食後、2時間あけて就寝すると、痩せ癖がつくと書いてあった。小腸の機能が高まり、食事で摂った栄養は十分に吸収されるらしい。夕食は7時前後なので、その2時間後というと、9時前後に就寝することになる。なんか、ちょっと早いな~。。。10時に就寝して7時間後といえば5時ということになる。ということは夜11時に就寝すれば朝6時起床になる。それから朝食を摂るタイミングは起きて1時間以内が最適らしい。すると朝食は朝7時頃になるので、時間的には良いサイクルかもしれない。就寝中は体を作りなおす時間帯。日中にダメージを受けた細胞が修復・再生する。吸収された栄養が、その材料になるらしい。そして、睡眠中は成長ホルモンの作用で脂肪が燃えるらしい。

早めの就寝、就寝時間を7時間にすれば健康的で長生きすると書かれている。

人間はどんなに文明は発達したところで、自然とともに生きているわけだから、日が暮れたら寝て、日が昇ったら起きるという自然のサイクルに逆らわずに暮らせば、それが健康に繋がるということだろうかな?

それから、私は、低体温で、だいたい通常、35.2くらいしかない。低体温とは35.9以下をいうらしい。そういうことで私はかなりの低体温ということになる。それで、低体温の人はビタミンB群の食材を摂るといいらしい。それから入浴時に39度~40度の湯に5分間首まで浸かると、首の奥に扁桃というリンパ球などの免疫器官がある。ウイルスや細菌の抗体をつくって、全身に送り出す。喉を温めれば血流が活発になり、不要なものを汗や尿、便で排出しやすくなるよう体の循環をよくする。免疫細胞のリンパ球が血液にのって全身をスムーズにめぐるので、免疫力が高まるらしい。体温が上がれば免疫力も上がるし代謝も上がり痩せる体になるということだな。♪ よ~し。。。これからもダイエットのために頑張るぞ~♪

免疫力を高める食材

玄米・にんにく・昆布・蜂蜜・レモン・肉・卵・鮭・納豆 などがあげられる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です